徹底的ダメ出しはじまる。。

始まりました。


きっと毎年恒例になってくるであろう、”大ダメ出し大会”。


実は、ライブが決まりまして、
曲も決定しまして、
過去、何回か苦しみの末、乗り越えてきた
”大ダメ出し”の時期がまた迫ってきました。


ウチの師匠、ほんま、超~厳しいんです><;


ライブが決まるまでは、
意外と音楽理論と演奏実技半々の割合で、
全体演奏を見るっていうカタチなのですが、

人前で演奏する事が決まった時から瞬時に、
この師匠の本領発揮、といいますか。。
1曲のドあたまから「弾きなおし&見直し&ダメ出し」に重点をおく、
大シフトチェンジとなります。


とりあえず、一曲一通り流して弾けるようになると、
おもいっきりテンポを落として、もういちど弾きなおさせる。
(たとえば、124で弾いてても、あえてもう一度104あたりの
テンポで、、、とか)


そしたら、
とたんにアラが出てくる見えてくる(笑)


勢いで弾いてる、とか、、
ばーっと流しちゃって、
いつのまにか音価を勝手に変えっちゃって弾いてる、とか、、
譜面を勘違いしてる、とか、、
音が抜けてる早弾き部分、とか、、
押さえ方で音のピッチが変わってるところ、とか・・・・(ああー!)


わが師匠のチェックは毎度ながら、細かく的確で^^;
絶対、ぜったい誤魔化せない・・・。


そして始まった、ライブへの道。
ウチは受験生なので、今回過酷な状況は予想済み。


まずはイントロの1小節目から4小節づつ指導。
右手のオルタネイト不完全箇所、
バチーダ部分の音価・音量不足、
休止はしっかり音を切り、無音に。ここで音、残さない!

リハーサルマークA
各小節最後のブラッシング飛ばさない、
8分音符をちゃんと音価どおり弾く、
アクセントおくところ意識。

リハーサルマークB
付点8分音符注意、
ブラッシングもっと歯切れよく。

リハーサルマークC
16分休符のところ、ちゃんとミュートし、音を消す。
アクセント場所、ハモリどころちゃんと一音一音揃えて。
付点部分、きちんと。
ソロ、一箇所一音が抜けてる。
駆け上がりどころ、誤魔化さない&流さない、
オルタネイトで音の粒をそろえる。


・・・と、今のところこれを一箇所ずつチェックしながら
曲のドあたまからもう一度、
一小節ごとに、「弾きなおし」に入っています^^;


細かいんです、ホンマにチェックが
音符一個づつ入ってくる。。


師匠は
ジャズも、ポップスも、メタルも、ロックも、クラッシック分野もされてきた、王道派の方。
この譜面に関する厳しさも本物。


私たちには、正直まったく褒めてもらえない、
ダメ出しだけのとてもキツイ時期ですが、
この苦しい時期が後になって、
どれだけ演奏する時の自信になるか、
身をもってよく知っているので、全く苦ではないです。


「音符ひとつ間違えのない演奏」。
「突っ込みどころがない演奏」。

現在のダメ出し状態が、
ここに繋がる道になっているのは、
いままで何回も経験しています。


いままで指導いただいた曲に関しては、
どこでも、誰の前でも、自信持って弾ける自分がいます。
ごまかしはないよ、という自信、
正当な弾き方で演奏できるよ、という自信です。



でも、ここに行き着くには自分自身との戦いですね~。
とにかく、師匠に凹まされまくりになるので、

・ポジティブを心がける事
・素直に師匠の言葉を受け止める事
・音符ひとつずつの洗い直しをコツコツやること
・テンポはオリジナルよりも、できるだけ落として、
確実に完璧に譜面を音に再現する努力


もう、今はこれに尽きます、はい^^;



さあ、頑張ろう!良い演奏してやるぞ!!


たとえ、「譜面の洗い直しのダメ出し」が終っても、
次は「曲の表現についてのダメ出し」が待つので、
とにかく、本番に間に合うよう、頑張ります!


あ、バンドメンバーさんのパートごとの譜面も作らなきゃ、、、。


・・・うううううう。。。が、がんばる!!!

画像


↑目指すはこのステージだー!!
(画像は前回のライブより師匠&仲間と♪
後列右から2人目&3人目が私たち^^)




































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

shingo
2010年11月29日 20:17
mmmさん&娘ちゃんは、ギター・音楽への取り組み方がすごいと思います。ほんときちんと取り組んでいて。^^;
自分もそれくらい出来たらいいんですけど、他にも色々とやりたいこと、やらなければいけないことがあって(いいわけですね^^;)なかなかここまできちんと音楽に向き合うことは出来なかったりします。

ライブを控えての"大ダメ出し大会"ということで、今は楽しさよりも、厳しさが勝っているようですけど、それを乗り越えたときの気持ちは、お二人が何よりわかっているかと思いますので、ぜひぜひ頑張ってくださいね。
遠くから応援してますよ~。ファイト!^^
mmm@兵庫
2010年11月29日 23:31
>shingoさん^^
音楽は、音楽だけは投げ出さず、なんとかやってきました^^;
師匠が譜面を大事にされる方で、アレンジするにしても、カバーするにしても、まずはきっちり譜面どおり弾けてから・・・という方なのです。。
なので、いつもココを基点にして、演奏の幅を拡げていくカタチになります。
私たちにはとにかく一番厳しくて一番勉強になって、そして、ためになる大事な段階です^^;
ステージに立ち、お客さんに聴いてもらうための演奏ですので、それだけのクオリティまでもって行きたいっ!
応援ありがとうございます!今回もやったるで~!!